• amitacanon

介護施設のご飯ってどんなのだろう?

 こんにちは、オオサンショウウオのうおちゃんです(。・ω・。)ノ

 今回のオオサンショウウオのミニコラムは、オオサンショウウオのあだ名諸説についてです。オオサンショウウオには「はんざき」というあだ名があります。これには諸説あって、①半分に裂いても生きていそうだから②口があまりに大きく半分裂けたようだからというものがあります。

 うおちゃんとしては②がいいかなと思いますが、みなさんはどう思われるでしょうか?


 さて、今回はナーシングケアカノンしもがものご飯についてです。株式会社アミタでは食事に力を入れており、調理員さんやスタッフさんが毎日ご飯を作ってくれています。

 イベントには特別なお膳にしたり、季節の行事にちなんだものをお出ししたり、毎日工夫にとんだご飯をお出ししています。おやつには皆さんと一緒に作ったりすることもあります。

 こちらは朝ごはんです。スタッフさんが調理してお出ししています。

 こちらは敬老会でお出ししたお膳です。これも業者さんに注文ではなく、施設で調理してお出ししています。季節の行事に沿った器やお膳も施設で購入しており、折々にお出ししています。

 これお風呂の日のご飯です。ちなみに利用者様に合わせてご飯は白米、おかゆ、とろみをつけるといった配慮をさせていただいています。

 施設では対応が難しい食事の場合は、業者による配食サービスを利用するなど、できる限りのことをさせていただいております。

 バナナとお花の日には、バナナを使ったお菓子をお出ししています。ちなみにバナナはスタッフさんが調理されていました。

 バナナの甘い香りがとても美味しそうでした(。~ω~。)

 食べるということはとても大切なことです。カノンしもがもではできる限り食事をとっていただけるよう、工夫をこらして皆様をお待ちしております。


 それではまた~(。・ω・。)ノシ


#ナーシングケア #カノンしもがも #介護施設 #食事 #オオサンショウウオ #うおちゃん

閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示